読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「大奄美史」紀行

   奄美大島の史跡を訪ねます。

高千穂神社の境内社・護国神社(亀津/徳之島町)

高千穂神社の境内の鳥居の先の方に、もう1つの神社があります。鳥居は黒ずんでいて年代を感じさせます。

f:id:hn2784:20160121171415j:plain

 

これは高千穂神社の境内社・護国神社です。明治30年に建立されたもので、日清戦争以後の英霊を祀っています。

f:id:hn2784:20160121171207j:plain

護国神社は国家のために殉職した人の霊を祀る神社です。靖国神社の地方版のようなものでしょうか。全国にありますが、奄美でこの名称の神社を見るのは、これが初めてです。

 

大きな石碑が左右にあります。左の碑はかなり表面が傷んでいます。大正15年に建てられたもので、字はほとんど読めませんが、日清、日露の戦死者10名の戦士状況が書かれているそうです。最初の方に「明治二十八年・・・」と書かれているのが読めます。

f:id:hn2784:20160121171302j:plain

右は忠魂碑ですね。熊本第六師団長・明石元二郎中将の直筆だそうです。熊本第六師団は明治21年に編成された師団です。日清戦争では威海衛の戦いに、日露戦争では沙川会戦、奉天会戦に参戦しています。熊本、大分、宮崎、鹿児島出身の兵隊で組織したといいますから、この地域の人たちが出征したときは、第六師団に所属していたのでしょう。

f:id:hn2784:20160121171350j:plain