読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「大奄美史」紀行

   奄美大島の史跡を訪ねます。

亀津断髪の碑(亀津中学校)

大瀬川沿いの亀津中学校の校舎の前に、亀津断髪の碑(塔?)というのがあります。

f:id:hn2784:20160123151352j:plain

亀津断髪と書かれていいます。昭和42年の卒業生が卒業記念として寄贈したそうです。まだほとんど傷んでなくて、真新しいように見えます。

断髪令(正式には散髪脱刀勝手令)が発布されたのは、明治4年のことですが、本土でも見たことがない断髪を記念する碑が、どうして徳之島のあるのか、ちょっと不思議です。

 

明治になって文明開化を進める日本ですが、西洋人からみて、昔ながらのちょんまげ姿というのは未開人でしかなく、侮蔑の対象だったようです。不平等条約の改定を目指す木戸孝允などは、何とか日本人の頭からちょんまげをなくそうとします。

明治4年に断髪令が布告された後も、マゲを落とすことに対する抵抗は大きく、日本中で騒動が起こりました。
今の人間から考えると、たかがちょんまげですが、身分や職業によって細分化されていて、当時の人々にとっては、自己の存在を示す精神的支柱にようなものになっていました。

明治6年、明治天皇がその趣旨を受け入れて、自ら断髪を宣言します。この頃から断髪への拒否反応は少なくなり、文明開化が民衆に受け入れられていくきっかけになりました。

 

奄美大島での断髪の騒ぎは、少し遅れてやってきます。大島の各地で断髪が本格的に行われたのは、明治9~10年頃のことですが、徳之島の亀津ではそれに先駆けて、断髪令発令の明治4年から明治8年ころまでに行われていたそうです。

亀津では明治5年に早くも民間の学校が設立されています。新しいものをすぐに取り入れ勉学に力を入れた、そういう進取の気風を表す象徴として建てたのが、この亀津断髪の碑です。

f:id:hn2784:20160123151407j:plain


亀津中学校の教育目標に、「『亀津断髪』『ヤンキチシキバン』の精神に学び・・」とあります。ちなみにヤンキチシキバン(ヤンキチバン?)とは、「屋根のキチが映るほどの水がゆをすすってもこどもには勉学をさせる」という意味だそうです。