「大奄美史」紀行

   奄美大島の史跡を訪ねます。

大和が沈んだのは徳之島沖?

<前回の続き>

 ところで、戦艦大和の慰霊塔がなぜ徳之島にあるのか、多少違和感があります。
沈没地点は北緯30度43分東経128度04分で、地図上でみると徳之島が1番近いというわけでもありません。

f:id:hn2784:20160424084654j:plain

どう見ても屋久島の西、徳之島から見るとかなり北の方になります。

『徳之島町誌』(S45.3.31刊)によると、戦艦大和は「徳之島の遙か西方海上で敵機延べ2000機及び潜水艦と交戦して魚雷を受けて撃沈した」とあって、徳之島の西の方で沈んだことになっています。

どうやらこれは、大和に乗り組んで沖縄特攻に参加し、奇跡的に救助された吉田満の『戦艦大和ノ最期』に書かれたのが、原典になっているようです。

『戦艦大和ノ最期』は、大和を記録したバイブルのような本らしいですが、最後の締めくくりは次のような文章で終わっています。

徳之島ノ北西二百海里ノ洋上、「大和」轟沈シテ巨体四裂ス 水深四百三十米今ナオ埋没スル三千ノ骸 彼ヲ終焉ノ胸中果シテ如何

ここには北西200海里とありますが、戦後すぐに書かれた初稿では「徳之島の西方」とあったそうです。

この沈没地点について、吉田満氏は島尾敏雄氏との対談の中で、次のように話しています。

駆逐艦に拾われて佐世保に帰ってから、海図に線を引いて沈没位置を推定すると、どうも徳之島が一番近いだろうという推定になった。戦後10年くらいして、それが事実なら徳之島として慰霊碑のようなものを建てたいという申し出があって、自衛隊で調べてもらったりしたが、水深が400mあって潮流も早く、水中聴音器の測定だけでは特定できなかった。徳之島伊仙町の町長が非常に熱心で、他に競争相手もいないから徳之島ということにしても間違いではないだろうということになり、政治家達が奔走して資金を集めて、犬田布に慰霊碑を造ることになった」※『特攻体験と戦後』(中央公論社)から要約

まあ、疑問はいくつかありますね。いくら何でも屋久島の西方と徳之島の西方を間違うものかどうか。それも佐世保まで戻ってから調べてますからね。大和の戦闘詳報には、北緯30度22分、東経128度04分とあって、現在分かっている地点よりは21分南側(40kmくらい)ですが、それでも屋久島よりは北側です。

その後の版でも、徳之島の北西沖となってますが、北西というよりはほとんど真北ですね。なぜこんなに不正確なものを書いたのか分かりませんが、多分、九州を出てすぐ沈んだというよりは、せめて沖縄近くの徳之島辺りまでは進んだことにしたかった(そう思いたかった)のではないかと推測していますが、どうでしょうか。

だけどそのおかげで、徳之島に、大和を慰霊するものが造られたのですから、結果的には良かったということだと思います。