「大奄美史」紀行

   奄美大島の史跡を訪ねます。

厳島神社(須野)

須野集落のあやまる岬側の丘の上に厳島神社がある。

参道入り口の大きな社額を掲げた鳥居。三輪鳥居というのだろうか、両側に副柱がついたもので大島ではちょっと珍しい。

f:id:hn2784:20150127152559j:plain

 

参道を登るとかなり広い境内(広場)があり、社殿はさらに石段を登った上にある。

f:id:hn2784:20150127153158j:plain

石段の両脇にいろいろな形の、何か謂れのありそうな石造物が置かれている。

f:id:hn2784:20150127152815j:plain

f:id:hn2784:20150127152826j:plain

 

こちらは社殿。

f:id:hn2784:20150127152942j:plain

ガラス戸越しに内部を見てみるが、あまりはっきり見えない。正面に小さな丸い鏡のようなものがあるがこれがご神体なのだろうか。

f:id:hn2784:20150127152921j:plain

境内には特に神社の案内がない。資料など(ネットも含めて)の情報もなく、由緒や創建年代も不明である。

 

境内の樹木の間からすぐ外側に海が見える。笠利崎の方向だがそこまで見通せているのかどうかは分からない。

f:id:hn2784:20150127153112j:plain


神社の麓にある保育所。遊び場が広々としている。手前は砂場のようであるが、屋根付きで何となく土俵のような雰囲気がある。

f:id:hn2784:20150127153359j:plain

 

こちらは須野集落内の道路そばの空地にある高倉。

f:id:hn2784:20150127153847j:plain

f:id:hn2784:20150127153944j:plain

茅葺の本格的?な高倉は、博物館や観光施設など特定の場所でないとなかなか見られない。こういうさりげない場所にさりげなく建っているのを偶然見つけると、何となくうれしくなる。(保存する人達は大変でしょうが)

広告を非表示にする