「大奄美史」紀行

   奄美大島の史跡を訪ねます。

大和村南端にある鰹漁業記念之碑 (今里)

東シナ海に沿って点々と集落が続く大和村。その南(西)端が今里集落で、宇検村への山越えの道に入る直前に今里漁港がある。漁港の脇には東屋風の休憩所があり、ここで海を見ながら一休みする。

f:id:hn2784:20140928113326j:plain

 

すぐそばの小高い芝生の上に建っているのが「今里鰹漁業記念之碑」

f:id:hn2784:20140928113354j:plain

鰹漁業は明治34(1901)創業で、右側には「大和村鰹漁業発祥の地」と書いた石柱。

記念碑が建立されたのは平成11年で、左側に碑文がある。

f:id:hn2784:20140928113438j:plain

かなり長いので要約してみる。
「明治34年、安楽赤坊氏という人が肝付郡内之浦の田中興之助氏の勧めを受けて「今里百年の計はここにあり」として決然と起ち、組合組織に奔走して孤軍奮闘の末、同志を集めて大和村初の鰹漁業組合の結成にこぎつけた。日向まで出向いて購入した蛭子丸の豊漁で鰹漁が盛んになり、明治38年には7隻の帆船が舳先を並べて碇泊している様は極めて壮観であったと言う。その後大正から昭和へ、幾多の苦難を乗り越えてきたが社会情勢の変化には抗しきれず、昭和39年、眞漁丸の解散を最後に鰹漁は幕を閉じた」

『大奄美史』によると、当時の大島の鰹漁業は本土のように船主と傭人という関係ではなく、一隻の鰹漁船を30~80人が共同して漁船組合を作り、適材適所で組合員を配置して同等の権利義務により経営していたという。

 

瀬戸内町西古見には、大島での鰹漁業の創始者「朝虎松の碑」があるが、この今里漁港は大和村での鰹漁業の創業地であり、西古見より1年ほど遅れていて、碑もかなり新しい。
※参照(過去記事)


 

漁港の向かいは公民館で、前にあるのは四隅に青、白、赤、黒の柱が立つ本格的な土俵である。

f:id:hn2784:20140928113705j:plain

ちなみに大相撲の土俵は、昭和27年に4本柱を取り払って吊り屋根式にした時に、柱の代わりに同色の房を屋根の四隅から下げるようにしたそうだから、こちらの方がより古い形を残しているようだ。

 

集落を過ぎて山の斜面を登っていくと、さきほどの今里漁港を見下ろすことができる。

f:id:hn2784:20140928114200j:plain

漁港の前には集落を守るようにこんもりとした大きな岩が突き出ている。この存在感、きっと神様が渡ってくる岩に違いない。