「大奄美史」紀行

   奄美大島の史跡を訪ねます。

恩勝尋常高等小学校旧門とログハウスの教会 (恩勝)

恩勝・大和浜には以前にも来たことがあって、そのときは高千穂神社、開饒神社や群倉を見て回った。今回は「く」の字型にカーブする県道の内側を歩いてみることにした。参考にしたのは、県のHPからダウンロードした『奄美シマ歩きマップ』(鹿児島県大島市庁)。


最初に目に入るのが教会の建物。周りに植えられた樹の上からとんがり屋根が見えている。

f:id:hn2784:20140928100522j:plain

これは大和カトリック教会で、大和村に3つある教会の1つ。日本で唯一のログハウス式カトリック教会だという。

f:id:hn2784:20140928100715j:plain

 

この先自動車学校のクランクのような道路を入ると、恩勝尋常高等小学校と書いた校門がある。

f:id:hn2784:20140928100032j:plain

ロープが1本張ってあるが、今も使われているのかどうか。戦前の校名が書かれた校門を初めて見たが、どういう経緯で残されているのかよく分からない。

大和小学校HPの学校沿革によると、明治8年に旧藩横目所を校舎として恩勝郷校所が開設されたのが始まりで、明治20年恩勝尋常小学校、大正元年恩勝尋常高等小学校、昭和16年恩勝国民学校などを経て、昭和32年に恩勝小学校から大和小学校に校名変更されている。

プレートは最近張り替えたのか、まだ新しそうなのが少し残念。

f:id:hn2784:20140928100008j:plain

 

大きな通りに回ると、こちらが現在の正門らしく、左側に大和中学校、右側に大和小学校と校名が書かれている。校舎は近代的な建物である。

f:id:hn2784:20140928100332j:plain

 

川を渡ると群倉があるところに出て、その先の上流方向にきれいなアーチ型の橋が見える。

f:id:hn2784:20140928101311j:plain

まほろば橋という人道橋である。河原はほとんど葦で埋め尽くされている。対岸には遊具などが置かれているが、人の気配もなくのどかな光景である。

f:id:hn2784:20140928101513j:plain