「大奄美史」紀行

   奄美大島の史跡を訪ねます。

柳田國男も通った古道・東仲間登口(三太郎峠)

住用の奄美体験交流館という建物の向い側の細い道路を入る。すぐに幅の広い川があって、古い石橋が架かっている。

f:id:hn2784:20140927122352j:plain

先の方が奇妙に折れ曲がっていて、かなり危なっかしい。車両は通行止めになっている。

そのまま川に沿って進むとやがて十字路にでる。

f:id:hn2784:20140927122718j:plain

左の方が三太郎トンネルが出来る前の旧道のようである。しばらく行くとモダマの自生地があるが、今は花期ではないのでまたの機会にもう一度来ることにする。

 

十字路をまっすぐ行くと、すぐに三太郎峠の登り口がある。

f:id:hn2784:20140927123010j:plain

入口の碑には「古道三太郎峠・東仲間登口」とある。三太郎峠の由来を書いた案内は、峠の南側の神屋登口にあるものと同じ文章で、峠に茶屋を建てた畠中三太郎のことと、それを紹介した柳田國男について記している。

※参照 過去記事 

 

少し古道の中に入ってみる。しばらく行ったところから登りになり、滑り止めのステップや階段が付いている。

f:id:hn2784:20140927123121j:plain


上まで行くと、人一人通れるくらいの山道で、三太郎茶屋跡まで続いているようだ。

f:id:hn2784:20140927123406j:plain

 

『海南小記』(柳田國男)には、「東仲間村の橋の袂から、右手へ登っていく一筋道は、これも明治になってからの新道だ」とある。

「橋の袂から・・」とあるが、当時とはようすが変わっているようで、「橋」と言えるようなものはそばには見当たらない。

 

大正10年名瀬に上陸した柳田は、名瀬~古仁屋を縦断、加計呂麻島では押角~武名、本島に戻って西古見~阿室を歩いているが、その足跡を示すようなものがこの三太郎峠の他には(私の見た限りでは)何もないようで、少し残念だ。