「大奄美史」紀行

   奄美大島の史跡を訪ねます。

節子小学校・奉安殿

節子集落に入って一番奥の方T字路の突き当りに節子小中学校がある。廃校(休校か?)になっている。

f:id:hn2784:20140128153230j:plain

 

中に入ると、創立百周年の記念碑がある。

f:id:hn2784:20140128153304j:plain

碑文によると明治19年の創立とある。古仁屋小学校よりもこちらの方が3年早い。

 

奉安殿は正面奥のほうにある。

f:id:hn2784:20140128153419j:plain

瀬戸内町の奉安殿は国指定登録有形文化財(2006年)で、町内6カ所にあるが、本島側ではこの節子小学校と古仁屋小学校の2カ所だけだ。古仁屋小のものは洋風であるが、こちらは神社風の造りになっている。

※参照 昭和天皇行幸 (5)古仁屋小~展望所 - 「大奄美史」紀行

 

奉安殿は戦前に御真影(天皇皇后両陛下の写真)を保護するために建てられたもので、戦後はGHQの指令で廃止され、昭和21年頃に一斉に撤去・解体された。全国でもごくわずかしか残っていないようで、私も奄美大島以外で見たことがない。この瀬戸内町に集中して残っているのは、奇跡のようでもある。

 

奉安殿の前には、朝礼台や遊具などが置かれたままになっている。

f:id:hn2784:20140128153452j:plain

 

こちらは校庭と校舎の全景。草が伸びているが、廃校になってまだそれほど間がないようだ。

f:id:hn2784:20140128153327j:plain

f:id:hn2784:20140128153317j:plain

子供たちが走り回っていたころの情景と重ね合わせるせいか、こういう風景はどことなく郷愁を誘うものがある。

 

 

広告を非表示にする