読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「大奄美史」紀行

   奄美大島の史跡を訪ねます。

教員伝習所跡 (久慈)

久慈小中学校の中、県道からもブロック塀越に見えるところに教育伝習所跡の碑が建っている。
f:id:hn2784:20131008132825j:plain

 

傍らに案内板がある。

f:id:hn2784:20131008132840j:plain
教員伝習所跡
  明治十四年開所
  明治十七年閉所
明治七年旧西方を一学区とする郷校が誕生した。
明治十年簡易小学校として認められた。
明治十四年瀬戸内町全体を一学区として、小学校教員養成を目的とする教員伝習所になる。明治十七年の閉所までの三年間に、明治、大正時代に活躍した多くの人材を要請した。そのころ奄美大島に教員伝習所が、たった二校だったことを考えると、その一校が久慈にあったということは、当時の学校教育において瀬戸内町は奄美大島の中心地であったと考えられる。

旧西方というのは、大島七間切の一つ西間切をさらに二つの「方」(西方・実久方)に分けた当時の行政区画である。15ケ村があり、現在の瀬戸内町では、本島側の阿鉄より西側と、加計呂麻島の海峡側、押角~瀬武の間の集落が含まれる。

 

この伝習所跡に、現在の久慈小中学校がある。

f:id:hn2784:20131008133005j:plain

前は海(久慈湾)で山を背にして広々として落ち着いた雰囲気である。

『大奄美史』では、「明治十三年瀬戸内町久慈に伝習所を設置、・・・同伝習所は明治十九年まで継続し四回にわたって約百五十名の卒業生を出した」とあり、年代が現地の案内と微妙に違う。

地域に小学校ができて、島外からの教員の派遣も期待できずに必要に迫られて開校したようだ。名瀬の伝習所は明治十二年開校で十四年に閉校している。どちらも短期間なのは目的を達したからだろうか。鹿児島師範学校の分教場が名瀬にできるのは明治二十七年になってからのことである。

広告を非表示にする