読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「大奄美史」紀行

   奄美大島の史跡を訪ねます。

今井権現 (安木屋場)

 近海の監視のために遠見番として笠利湾の安木屋場岬に配された今井権太夫を祀っているという今井権現に向かう。

南洲流謫跡を過ぎて旧道に入り道路案内の通りに尾根のような山道を行く。かなり狭いが話に聞いていたほどではなく、対向車さえなければほとんど問題ない。(対向車に出会う確率は相当低い)

赤い鳥居が見えてきた。鳥居の前に広場があり、駐車できるようになっている。
f:id:hn2784:20131004135500j:plain
鳥居の右側に教育委員会の案内板がある。
町指定文化財(建造物)
今井権現の石段及び石碑
指定年月日  平成4年3月10日
所在地    安木屋場字大谷
◎石段
元禄5年申(1692)為寿上国(与人として上国)石の小座一基と石段用の石を持ち帰り、今井権現に寄進。(石段153段、石数628個、現存)
石質は河頭石、一部に山川石が用いられている。
◎石碑
享保11年丙年(1726)9月3日、當島代官職、今井六右衛門寄進。
元禄とか享保と言えば江戸期でも早い時期である。
石段用の石628個を島の与人が持ち帰ったというからかなりの財力である。砂糖を積んだ帰りの船を利用したのだろうか。

ここからの東シナ海の景色もなかなかである。
f:id:hn2784:20131004135428j:plain

 

真っ赤に塗られた鳥居の向こうに文化財の石段が見える。この鳥居、色が少々どぎつい。
f:id:hn2784:20131004135517j:plain

f:id:hn2784:20131004141314j:plain
石を載せている土台の土が不規則に落ち込んでいてしかも段が結構高くて、しばらく登ると息が切れてくる。

153段の石段を登り切ったところに立派な社殿がある。正面に「今井大権現」の社額がかけられている。
f:id:hn2784:20131004140559j:plain

 

境内には古い石碑がいくつか並んでいる。
f:id:hn2784:20131004140304j:plain

f:id:hn2784:20131004140312j:plain
1つには「天保七申年九月吉日」、「海上安全」などの文字が読み取れる。

 

毎年旧暦9月9日には、ユタ(原始信仰な霊能力者)の祭りである「今井大権現祭」が行われるそうだ。
この神社が永く信仰の対象であったのは、平家武将を祀っているからというような単純なものではなく、地元の民間信仰との深い結びつきがあるようだ。

 

ところでこの今井権太夫は、伝説によると大島に落ち延びた平家一族の最期に関わっている。
今井権太夫に遠見の注進を頼まれた行盛の御曹司が、浦という集落の娘との恋に溺れてこれを戸口の行盛に伝えず、行盛は敵の侵攻があったものと勘違いして覚悟を決めた。今井はこれを聞いて責任をとって自決、御曹司も同様に自決する。前途に希望を失った行盛も自害、これを聞いた浦上の有盛も腹を掻き切った。
諸鈍の資盛はすでに他界しており、大島の平家一族は遂に滅亡したという。

広告を非表示にする