読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「大奄美史」紀行

   奄美大島の史跡を訪ねます。

はじめに

新年を期して、ブログを開設します。

『大奄美史』は奄美大島出身のロシア文学者・昇曙夢が、ライフワークとしていた大島の歴史・民俗研究を集大成した書で、昭和24年に刊行されています。
執筆の時期は戦前らしく、現在の感覚では表現や用語など多少違和感のある部分もありますが、それも時代を知る上では貴重なものと言えます。
まとまった奄美の歴史書としてはほとんど唯一のもので、奄美の紹介や研究論文などいろいろな個所で引用されています。

かねてから奄美の歴史に興味を持っていましたが、新年を期に今までに史跡を訪れた際に撮り溜めていた写真などを、『大奄美史』をテーマに整理してみることにしました。

いつまで続くかわかりませんが、とりあえずネタの尽きるまで、・・

(ブログという形式ですが、記事をアップロードする日付と実際に現地に行った日付とはかなり開きがあります)

広告を非表示にする