読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「大奄美史」紀行

   奄美大島の史跡を訪ねます。

輸送船富山丸の供養塔(古仁屋)

古仁屋小学校の向い側の丘に登る坂道に「なごみ坂」という案内があります。 登っていくと、丘の突端が少し広くなっていて、そこに富山丸の供養塔が建っています。 この塔は昭和60年に建てられたものです。大島ではあまり見かけない特徴のある形をしています。…

海軍給水所跡(久慈)

久慈集落で地元の人に震洋隊基地の場所を聞いた時に、「こんなのもありますよ」と一緒に教えてもらったのが海軍給水所跡である。 集落手前の湾が一番切れ込んだところにあるのが水産物の水揚げ場らしく、建物やトラック、運搬具などが並んでいる。間を入って…

第44震洋隊格納壕跡と遭難者之碑(久慈)

瀬戸内町久慈の第44震洋隊基地跡を見に行く。 大島海峡には太平洋戦争末期、加計呂麻島の呑之浦に第17震洋隊、三浦に第18震洋隊、本島側の久慈に第44震洋隊と3つの震洋隊基地(特攻基地)があった。 ※第17震洋隊、第18震洋隊については過去記事参照震洋隊基…

平家落人の墓? ナナツバカ(小名瀬)

大島海峡のほほ中央部、県道から少し離れたところの深く切れ込んだ入江の奥にあるのが小名瀬集落。 集落入口の川にかかる橋の手前の一角に、カメがいくつも並んでいる場所がある。これがナナツバカ(あるいはナナツガメ)である。墓地というよりは、ナナツバ…

行幸記念の鐘(久根津公民館)

久根津集落県道そばの久根津公民館がある広場(ミャー?)の一角に昭和天皇の行幸記念の鐘がある。 行幸記念の鐘を見るのは油井に続いて2カ所目である。油井では大きな木の枝に吊り下げられていたが、こちらは柱が組み立てられている。尤も見た感じでは、ど…

久根津神社(久根津)

古仁屋からほど近い久根津という集落、奥の方にこんもりとした山があり、麓まで行くと「久根津神社」の社額を掲げた鳥居がある。 鳥居は素朴な形でかなり手作り感が漂っていて、いい雰囲気を出している。 参道の階段は100段ほど続いている。足場がしっかりし…

厳島神社(清水)

古仁屋の市街地から県道を東へ。海岸沿いに拡がった町(多分埋め立て地)を過ぎて、小さな岬を1つ越えると清水集落。集落の端の方の道路のそばに厳島神社がある。 鳥居から参道を通って社殿まで、県道に並行している。 一番奥に社殿がある。 正面に「厳島神…

海軍航空隊古仁屋基地跡の碑(須手)

古仁屋から小さな岬を回ってすぐ、海岸の方で大規模な工事が行われている。手前に須手公園という小さな公園がある。 公園の道路側、松の木陰のあまり目立たないところに海岸に背を向ける形で、碑が建っている。 碑には「海軍航空隊古仁屋基地跡」とあり、平…

厳島神社(阿鉄)

阿鉄集落は海に面した拡がりはほとんどなく、奥の方に向かう川の両側に人家が続いている。他の集落とはちょっと違う風情がある。 川沿いに集落を奥の方に進み、少し左に入って階段を登ったところに神社の鳥居がある。社額には厳島神社とある。 鳥居をくぐる…

ガジュマル並木の白浜海岸(白浜)

大島海峡側にある瀬戸内町の集落はほとんどが県道沿いにあるので、何回か通るうちにどの辺にどういう集落があるか大体覚えてしまう。ところがこの白浜集落は珍しく県道から大きくそれたところにあって、わざわざ行こうとしない限り通ることもない。というこ…

大島の西端・西古見の掩蓋式観測所跡

朝虎松の碑の前を通り、西古見集落を抜けると西古見橋と書かれた橋がある。 小さいが頑丈そうな橋で、昭和13年11月竣工とあるから軍事用に架けられた橋なのだろう。 しばらく行くと道路わきに兵舎跡。 樹木や草に囲まれて半ば隠れてしまっている。かなり大き…

金比羅神社 (西古見)

西古見には、前に奄美の鰹漁業の創始者「朝虎松の碑」を見に来たことがある。 ※参照(過去記事)朝虎松の碑 (西古見) - 「大奄美史」紀行 今回は県道から集落の中の道路に入ってみた。しばらく行くと赤い鳥居があって、まっすぐな長い階段が上の方に続いて…

芝好徳顕彰碑と芝家屋敷跡 (篠川)

前回に続いて篠川の芝家について。 篠川小中学校の少し南側の広場に大きな石碑があり周りに石灯籠、隣には胸像が建っている。向こうの方に遊具や東屋なども見える。 石碑には「開拓の父 芝好徳翁顕彰碑」と刻まれている。 土台上の碑の周りの四隅に何かの建…

芝家墓石群 (篠川)

前に篠川農学校跡に来た時に、芝家墓所がどこかわからず集落内で2~3人の人に聞いたのだが、どうしても行きつくことができず諦めたことがあった。今回はたまたま妻も一緒なので二人がかりで探すことにした。 だいたいの見当をつけて車を停める。運よく女性の…

陸軍弾薬庫跡 (手安)

海岸から少し山側に入ったところ、右側は自動車学校で、突き当り奥の方は防災工事中らしく車両が出入りしていて資材が積み重なっている。弾薬庫跡は左側にあり、入口の山肌は樹木に覆われていて天然の偽装になっている。 脇に案内がある。旧陸軍弾薬庫跡この…

油井のミャー

油井小中学校の横、道路沿いに油井集落の案内がある。 この集落には史跡などがたくさんありそうだ。 案内板の背後に、小中学校の体育館の横を通る広い通路がある。 ずっと奥の方に土俵の青いカバーが見えている。 途中には油井豊年踊りの案内がある。 油井豊…

国道58号線鹿児島県最南端の碑(古仁屋)

古仁屋の街を散策していると、古仁屋小学校の少し海側の方の国道沿いに小さな公園があって、石碑が建っている。 世界にひらく緑と海洋のきらめくまち すべてのみちに感謝を一般国道58号鹿児島県最南端の地 国道昇格25周年記念 下に説明がある。一般国道五十…

嘉徳遺跡の発掘跡地

嘉徳集落に入る手前に小さな川が流れていて、橋のそばの草地にこんもりとした植え込みのようなものがある。 前に嘉徳遺跡の白い案内板が建っている。 嘉徳遺跡発掘跡地1. 発見 昭和48年8月14日2. 発掘原因 砂丘から砂採取中に土器の破片を発見。3. 鑑定 発見…

なべ加那の墓 (嘉徳)

網野子峠の途中に嘉徳方面への分岐がある。坂を少し登ってから山の斜面を麓に向かってどんどん降りていく。雨上がりで谷を挟んだ向いの山の緑もきれいである。 山を下りてほどなく集落の入り口に着く。ここで車を降りて集落の中に入る。 前方は海、三方は山…

瀬戸内町史跡マップ

このブログで紹介した瀬戸内町(加計呂麻除く)の史跡マップです。 より大きな地図で 瀬戸内町史跡 を表示 この後も随時更新していきます。

節子小学校・奉安殿

節子集落に入って一番奥の方T字路の突き当りに節子小中学校がある。廃校(休校か?)になっている。 中に入ると、創立百周年の記念碑がある。 碑文によると明治19年の創立とある。古仁屋小学校よりもこちらの方が3年早い。 奉安殿は正面奥のほうにある。 瀬…

重野安繹流謫の地 (阿木名)

阿木名の 集落に入るが場所の見当が全くつかず、国道のそばに車を止めて、歩いている人がいたら聞いてみるつもりで民家の間を海の方に進んでいく。海岸沿いの道路まで出て周りを見回すと、幸運にもすぐ右側に重野安繹居留跡の碑が建っている。 「重野安繹先…

昭和天皇行幸 (6)大島海峡

***前回の続き*** 帰艦後は板附船競争を観戦される。夜は提灯行列が行われ、海岸では篝火が焚かれ煙火が打ち上げられたいうから、大変な騒ぎだったようだ。 この日午後一時半より御旅情を慰め奉る余興として、青年団や在郷軍人団の選手によって大島特有の板…

昭和天皇行幸 (5)古仁屋小~展望所

***前回の続き*** 要塞司令部を御出門され、古仁屋小学校へ。 画像はNDL近代デジタルライブラリーから(以下同じ) こちらは現在の古仁屋小学校。 校内に入って職員室におられた先生に行幸記念碑について尋ねてみると、案内されたのは奉安殿であった。名瀬小…

昭和天皇行幸 (4)古仁屋ご上陸

*** 名瀬の次は次は古仁屋編 *** 昭和2年8月6日、名瀬港を出発した御召艦は大島海峡を通って午後7時古仁屋港に入り、翌日ご上陸された。 高知山から大島海峡(油井小島、薩川湾方向)を見る。 同じく高知山から古仁屋市街地方向。 古仁屋での日程は以下の通…

朝虎松の碑 (西古見)

奄美で最初に鰹漁業を興した人、朝虎松の碑を見に行く。 古仁屋から海岸線に沿って西へ西へ。ようやく長い大島海峡を抜けて東シナ海に出る。加計呂麻島の先端には江仁屋離が浮かんでいる。 あいにく霞んでいてあまりきれいに見えない。 西古見集落の沖には立…

高千穂神社 (久慈)

久慈小中学校の東側、県道から鳥居が見えるので行ってみる。社額に高千穂神社とある。鳥居は新しく平成二十一年に寄贈されたものだ。 参道はやや荒れている。 折れ曲がった坂道を登っていくと、いきなり小さな蛇が前を横切るのに遭遇する。ハブではなさそう…

教員伝習所跡 (久慈)

久慈小中学校の中、県道からもブロック塀越に見えるところに教育伝習所跡の碑が建っている。 傍らに案内板がある。 教員伝習所跡 明治十四年開所 明治十七年閉所明治七年旧西方を一学区とする郷校が誕生した。明治十年簡易小学校として認められた。明治十四…

篠川農学校跡 (篠川)

海岸沿いに走る県道を右折して篠川集落のメインストリートを行くと、バス停横の木立の中に「篠川農学校跡」の碑が建っている。 篠川農学校は明治33年に篠川実業補習学校として設立、明治36年篠川農学校に改称して、大正7年に廃校になっている。 石碑と川を挟…

高千穂神社(古仁屋)

当ブログ、笠利のアマンデーから始まってずっと大島の北部に留まっていたが、今回は一気に瀬戸内町古仁屋まで南下することにした。 古仁屋の高千穂神社は古仁屋小学校北側の高台にある。国道から少し入ったところに歴史を感じさせる立派な鳥居が建っている。…